海外旅行の目的と推移

旅行の目的は、年齢や性別によって様々あります。国内旅行へ行く人達は、観光や温泉巡りなど、リフレッシュする為などを理由に旅行するようです。女性なら、スパ・エステなどを楽しむ為に行く人も多いでしょう。その中でも海外旅行の目的というと、世界遺産めぐり、ショッピング、リゾートを楽しむ、刺激を求め冒険心で一人旅するなど、楽しみ方は様々です。国内と違って異文化に触れる事を求めて海外へ旅行する人も多くいます。夢のような「世界一周クルーズ」を目的とする人も中にはいるのではないでしょうか。渡航推移として、日本では1980年代後半頃、円高の影響もあり海外旅行者は増加したと言う。2000年には1,780万人に達したと言われています。2003年頃には、アジア地域で発生した新型肺炎“SARS”の影響で海外旅行者は1,330万人と減ったが、翌年から2006年頃にかけて回復しました。しかしその後、リーマンショックや世界的な不況により、数も減ったと言う。2012年には、ようやく2000年を上回る旅行者数となりました。このように、海外へ旅行となると国内外の経済事情が関係します。もちろん、国内旅行であっても経済状況により影響を受けますが、海外旅行では円相場の影響を受けやすくなります。これからは円安傾向と言われる中、旅行者には影響があると思われます。また、景気が回復しない限りは、海外旅行をやめて国内旅行を選ぶ人も増えるのではないでしょうか。